ホーム » 意外と知らない賃貸の豆知識!間取り表記の違いについて

意外と知らない賃貸の豆知識!間取り表記の違いについて

DKとLDKの違いって?

賃貸のお部屋を探していると、必ず目にする間取り図。そこには部屋の広さや用途を示す記号が書かれていますが、DKとLDKの違いとは何か疑問に思った事はありませんか?DKはダイニングとキッチンが一緒になった部屋。LDKはリビング、ダイニング、キッチンが一緒の部屋になったものというのは知っているでしょうが、実は、部屋の広さによってどちらと表記するかの基準があります。地域によって多少差はありますが、一般的には、8帖以上の広さがあれば、LDKと表記されている場合が多いです。これを知っていれば、間取り図を見ただけでも、大体の広さを想像する事ができますね。

SLDKの『S』って何?

最近、賃貸の間取り図を見ていると、見慣れない『S』という表記を目にする機会が増えてきました。Sとはサービスルームの意味を持ち、居室としての採光や換気の基準を満たしておらず、建築基準法上では居室とは認められない部屋です。ですが、採光が足らなかったとしても、リビングとひと続きになっていれば、リビングの一部としてや、キッズ・応接スペースとして利用可能で、納戸やウォークインクローゼットなどの収納スペースとして利用価値があるので、ちょっとしたおまけのスペースだと思えばお得ですね。

スタジオタイプってどんな部屋?

最近、都心部のおしゃれな賃貸物件の間取り表記に、『スタジオタイプ』と表記されているのを目にする事があります。スタジオタイプとは、一言で言えば、ワンルームの部屋とほぼ同じ構成を持つ間取りです。ワンルームとどこが違うのかと言うと、それは広さにあります。元々、ワンルーム=狭苦しというイメージがありました。スタジオタイプは、構成こそワンルームと同じですが、面積はワンルームより広めに確保しているので、ワンルームと差別化する為に、あえてスタジオタイプと名前を変えて表記しているのです。スタジオタイプ=広めのワンルームだと考えれば、分かりやすいですね。

賃貸物件では、上の階の方が、「騒音」、「日当たり」、「景色」、「防犯」などの点で有利です。しかし、家賃は高めに設定されている傾向があります。

2016年3月
    4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031