ホーム » どうやって借りよう?!多様化する短期賃貸

どうやって借りよう?!多様化する短期賃貸

短期で家を借りたいと思ったら

短期の赴任や、少し長めの旅行では短期賃貸を利用する人も多い泊まるに思います。短期賃貸専門の不動産もあり、一般的な長期賃貸よりは少し高いですが、ホテルよりは安く、そして自分の家だという感覚が得られやすいでしょう。近年は個人的に部屋の貸借りをするAirB&Bや、claiglistなどが台頭しており賃貸の形態が多様化してきています。個人的な貸借りとは、どのように行われているのでしょうか。それは、各ウェブサイトで、部屋の概要や宿泊場所、宿泊可能日程などのデータを見ることができ、希望の場所が見つかったらウェブサイト内でその部屋の持主と連絡を取って交渉したり、AirB&Bの場合はそのまま日程を抑えることができます。貸主は、旅行で家を長く空ける人、部屋が余っているのでそこを宿泊先として提供する人等様々です。

メリット、デメリットはある?

それぞれのメリット、デメリットは何でしょう?まず、不動産の短期賃貸のメリットは明確な契約に沿って行われることが多いため安心感があります。デメリットは家賃が高め、短期賃貸専用のアパートはワンルームが多く、バリエーションも低いことです。個人的な賃貸サイトの利用の場合、メリットは不動産より安め、バリエーションが多い、貸主との交流で和が広がることがある、等あげられます。デメリットは、貸主がどのような人か事前に分からない、問題が起こったときの責任のありかが不明確なことでしょう。

どうやって、選べばよいの?

一言でどちらがよいとは言い切れず、自分にあった条件の物を選ぶしかないでしょう。個人的な賃貸はまだ新しい概念のため、法的なルールに沿うかという議論もありますが、2020年の東京オリンピックに向けて需要が増えるので、それとともに明確なルールができてくるのではないでしょうか。ただ、現状況では実際に部屋を訪れるまでは実態が分かりづらく、トラブルに巻き込まれることもあります。そのようなリスクを避けたければ不動産利用がよいと思いますが、その反面、個人的な賃貸を利用して満喫している人がいるのも事実です。短期とはいえ、滞在場所は大事ですよね。それぞれのメリット、デメリットを考慮した上で自分にあった部屋を探してみてください。

札幌の賃貸マンションは、安全に暮らすことができるようにダブルオートロック機能などが取り付けられています。

2016年3月
    4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031