ホーム » 知っておきたい!一人暮らしにぴったりな3種類の間取り

知っておきたい!一人暮らしにぴったりな3種類の間取り

「ワンルーム」の特徴やメリット

一人暮らしにぴったりな間取りとしては、まず「ワンルーム(1R)」があります。部屋に仕切りがなく、キッチンと居室(寝室)が一体になっているというのが特徴です。メリットとしては、広々とした印象があるということや、他の間取りと比べて家賃が安く済むことなどが挙げられます。料理をよく行う場合は、キッチンに仕切りがないため匂いの問題がありますが、外食で済ませることが多い場合や、帰って寝るだけといった場合に便利だと言えるでしょう。

「1K」の特徴やメリット

「1K」は、キッチンと居室に仕切り(ドア)が設けられているのが特徴になります。メリットとしては、仕切りがあるためキッチンの匂いを防げることや、ワンルームよりも若干面積が広いこと、そして玄関から居室が丸見えにならないことなどが挙げられます。さらに、部屋が仕切られていることでエアコンを効率的に使えるということもメリットだと言えるでしょう。家賃はワンルームより若干高くなりますが、料理を毎日行う場合や、生活にメリハリを付けたい場合などに向いています。

「1DK」の特徴やメリット

「1DK」は、食堂付きのキッチン(ダイニングキッチン)に居室が1つあるという間取りが特徴です。家賃に関しては物件によって差があるという特徴があり、利用者に関しては学生よりも社会人が利用するケースが多いという傾向があります。メリットとしては、食事をする部屋と寝る部屋をキチンと分けられることや、収納が多いこと、そしてワンルームや1Kと比べて空間にゆとりがあることなどが挙げられます。また、1DKより広い間取りとしては「1LDK」があります。

麻生の賃貸は、バリエーション豊かな物件が揃っているため、様々な要望に応じて最適な物件を選択可能な点が魅力です。

2016年12月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031